浮気調査について

あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、調査は大体2人程度で行っているようです。

ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、調査をすることがよくあります。浮気をしていることがはっきりとしたら、もう一度計画を練り直して不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は少なくなってしまいます。
それに、不倫した相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。

どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をおさえる事もできるかもしれません。まず、普段は利用しないようなコンビニの領収書をほぼ毎回見ることが多くなったら、いつもその近くに何回も行っている事になります。そこで逃さず見ていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。

着る服の趣味が今までとは異なりだしたら、怪しいです。

浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。

突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを選択するようになってきたら、かなり浮気の恐れがあります。

その中でも特に、趣味の良い下着を着るようになってきた時は浮気の可能性があります。
探偵が何もミスをしなくても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、証拠集めがやりにくくなり、失敗に終わる場合もあります。

たとえ探偵が浮気調査をしても、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。うまく行かなかったときの報酬についても、依頼をする時に決めておくことが大事だと言えます。

 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で購入できるのかといえば購入できます。

追跡グッズは、GPS端末を一般に使うことが多いのですが、誰でもネットなどで買うことができます。
車に載せているのをよく見るGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、当然、誰でも購入できます。

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。それを避けるために、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。浮気を調査を依頼する時には、支払う料金が低過ぎたり、 もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、細やかな料金設定がされており、それ以上、料金がかからないような探偵事務所が望まれます。
そして、業者として届け出をしっかり行っているのか確認が必要です。違法調査を実施しているところへは依頼しない方が得策です。
夫の浮気

サブコンテンツ

このページの先頭へ